浮世絵の良さを伝えるブログ

絵を趣味で描いている人というのは多いと思います。勿論中には趣味でなくそれを本業としてやっている人もいると思うのですが、プロの絵描きさんよりも趣味で絵を描いている人というほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

私もその一人で、若い時から絵を描くのが好きだったので今でも趣味で絵を描いたり観に行ったりしています。ここ最近では浮世絵などにも興味を持ち始めたので、浮世絵を展示してある美術館などにも積極的に足を運んだりしています。この浮世絵ですが、実は気軽に購入する事も可能なのをご存じでしょうか?

 

しかもその販売されている浮世絵の中にはあの日本を代表する浮世絵師、葛飾北斎の作品なども含まれているのです。と言っても、勿論復刻版なのですけどね。要するに、葛飾北斎が作り上げた富嶽三十六景などの絵を忠実に現代の彫師と刷り師が再現しているのです。

 

レプリカ品という事ですね。版画という性質上それほど大量生産に向いているものではないので、それなりに価値はあると思いますし、何より浮世絵の世界観や葛飾北斎の世界観などが好きな人にとってはもう堪らないのではないでしょうか。

 

しかもこれらの浮世絵版画はレプリカという事もあって非常にお値打ちな価格で販売されている事が多いです。インターネットなどで探してみると浮世絵などをインターネット通販しているサイトは多く存在するので探してみては如何でしょうか。最近の絵画通販も以前と比べ支払い方法なども充実しているので安心ですよ。

浮世絵と聞くとまず富士山などが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。テレビなどで時々紹介される事もあったり、切手などのデザインに使用されたり、Tシャツのデザインに使われたりと様々なところで何気に目にする事のある浮世絵ですが、浮世絵には富士山だけでなく実に数多くの種類が存在するのは有名な話です。

 

私達が目にしているのはその中のごくほんのわずか一部の物に過ぎず、世の中には数えきれないほどの作品が存在しているのです。

 

 

私も絵を描くのが昔から好きだった為、一時期浮世絵についても勉強した事がありました。その時はそれほど興味がなかったのですが、最近ではこの浮世絵や錦絵などに非常に興味を持つようになったので色々調べていたのです。浮世絵には有名な作者が何人もいるのですが、その中でも代表的な浮世絵画家、作者と言えばやはり葛飾北斎ではないでしょうか。

 

葛飾北斎は江戸時代の後期に活躍した浮世絵師の一人で、世界的にも名前を知られている大画家です。その代表作には富嶽三十六景や北斎漫画などが存在していますよね。葛飾北斎は森羅万象を描き続け、その生涯において約3万点以上の作品を作りあげたと言われています。

 

富嶽三十六景を発表した事によりその絵師としての地位は不動のものとなったようです。日本では勿論有名だったのですが、海外の画家などにも多大な影響を与えており、印象派の画家や工芸家、音楽家など様々な方面の芸術家に影響を与えたようです。正に日本の誇る画家ですね。

浮世絵は日本の古き良き伝統絵画の一つですよね。現代にも沢山の物が現存しており、中にはレプリカなども沢山存在しています。

 

浮世絵や錦絵の魅力に惹かれ、そればかりを専門的にコレクションしているコレクターなども中には存在しており、金額など度外視で取引がされる事も少なくないようです。

 

日本の誇る伝統絵画である浮世絵や錦絵は今でも数多くの博物館や美術館などでその姿を観る事が出来、当時の歴史などを知る事が出来ますよね。浮世絵や錦絵を扱う美術館や博物館はインターネットなどで探すと沢山出てくるのですが、その中には浮世絵などを専門的に展示している美術館なども存在しています。

 

私も絵が大好きで、学生の頃からよく絵を描いており今でもよく描いたり観たりするのですが、最近では日本伝統の浮世絵などに興味が出てきたので先日浮世絵を専門的に展示している美術館に足を運んでみました。そこでは初期の浮世絵から現代版画など、実に数多くの作品が展示されており、驚いたものです。

 

もっと長く観ていたかったのですが、飼っている猫の事なども少し心配だったために長居はできませんでしたが、それでも非常に楽しかったし感動したのを覚えていますね。

 

浮世絵を扱う美術館はいくつも存在していますし、中には期間を決めて展示したりもしているのですが、こうした日本の良き伝統絵画を目にするというのは日本人にとって非常に良い事だと思います。こうした良き伝統文化物をいかに後世に残していくかが課題ですよね。

若い頃から絵を描くのが好きだった私は35歳になった今でも絵をよく描きます。それは風景画だったり人物画だったりするのですが、最近では浮世絵などといったものにも非常に興味が湧いてきたので、真似事のように浮世絵を描いたりもしています。

 

日本に古くから伝わる浮世絵には色々なものが存在しており、有名な富嶽三十六景などは正に芸術の極みですよね。他にも浮世絵には有名な武将などを描いたものや、剣豪などを描いた物も存在しており、当時から人気があったようです。最近ではこの浮世絵をインターネットで観たりする事も出来ますよね。

 

インターネットで探してみると、浮世絵を紹介しているインターネット美術館などが存在するので、興味のある人などは一度覗いてみては如何でしょうか。私なども絵が好きでたまに美術館や博物館に足を運ぶのですが、仕事も忙しいのでなかなか頻繁に足を運ぶといった事ができません。

 

私は独身で一人暮らしなのですが、猫を一匹飼っているのでその世話もあるので、そう頻繁に猫をおいて出かける事は出来ないのです。そういった時にはインターネットで色々な絵を観る事にしています。インターネットであれば猫の相手をしながらも観る事が可能ですし、何より足を運ぶ手間が省けます。

 

勿論本物をこの目で観たほうが感動などはより大きいのですが、忙しい現代人にはこうしたスタイルも良いのではないでしょうか。休日の美術館などは人で混雑する事もあるので、それに比べるとインターネットなどではゆっくりと観る事が可能ですしね。

浮世絵や錦絵といったものを見た事が無い人は恐らくいないと思います。例えその名前を知らなくても、何かしらどこかで目にした事がある事でしょう。浮世絵は切手のデザインなどに採用された事もありますし、小学校や中学校の歴史の教科書にもその絵が載っていた事があったような気がします。

 

学生の頃から絵を描くのが好きだった私は今でも暇を見つけては絵を描いているのですが、最近は浮世絵や錦絵といったものにもとても興味があるので、独自に調べたり、美術館などに足を運んで浮世絵を観たりしています。現代ではこの浮世絵を沢山展示している美術館は数多く存在しています。

 

そこでは色々な時代に描かれた浮世絵などを目にする事が出来るのです。絵が好きな私は毎日でも行って眺めたいと思っているのですが、独り暮らしの上猫を飼っているという事もあってかなかなかそうもいきません。その為、今では暇が出来た際になるべく観に行くようにしています。

 

都内にも浮世絵を観る事が出来る美術館というのはいくつか存在するのですが、地方にも色々とあるようですね。インターネットなどで調べると、全国の各地に存在している美術館で浮世絵などを観る事が出来るようです。

 

中には期間限定のような形で展示しているところもあるようで、常時展示しているわけではない美術館もあるようです。歴史的にも非常に貴重と言われる絵画なのでそれは仕方のない事だとは思いますが、私のような絵画好きからするといつでも観られるようにしてほしいものです。